生活習慣を見直そう。

やっぱり、対策も立てる、のもそうなんだけど、日常のすごし方も大切ですよね。

私の友達で顎ニキビで悩んでいる女性がいるんだけど、その人が私と同じ対策していてもいっこうに良くならないということも聞きました。

私と同じ年ですし、同じような過ごし方をしているにもかかわらず、何でできるの?と思いました。
保湿クリームもしっかりとぬっていてあごにきびケアもしっかりとしているよという話なのです。

おかしいな?と思い、いろいろ話を聞いてみると、ちょっと違う点が出てきたのです。
それは何かと申しますと日頃の生活習慣が違っているような気がします。

つまり彼女はお酒が好きで、夜遅くに食べることもよくします。

不規則な生活なんですよね。

これってはっきり言ってにきび云々だけでなくて、体の中にもあちこちといってぐらい悪影響をおよぼしてると思うんですよ。

それがまだ顔に出ていて、ある意味危険信号を体から発してくれているような気がします。

だからこそ早く気づき規則正しい生活をすることによって、体が健康を取り戻すという一つのシグナルだと思うのです。

私の忠告を聞いて、彼女は規則正しい生活をするようになると肌も元に戻ってきたということでした。

つまり治ってきたというのです。

やっぱり生活習慣を見直すということも、顎ニキビにとってはとても大切だったなあといえます。

意外かもしれませんが、こういったところを見つめなおすことも大切ですよ。自分にも言い聞かせています。

簡単にケアできるのがアゴニキビ

前回も書きましたが、刺激を受けないようにするためにはマスクをしないようにする。

乾燥状態をなくすためにはやはりクリームなどを塗ってしっかりと保湿を維持する。

これに限るんですよね。

この対策をしっかりとしていると顎ニキビができにくくなったり、できているニキビもだんだんと治ってくるもんなんですよ。

これが1番のニキビケアに繋がるということ。なんです。

ニキビケアってどうしても薬を塗ったり治療したりなどそういったイメージを持つ方が多いと思います。

でも実際のところ、すごく簡単なんですよね。

そうです。

保湿成分のクリームをしっかりとぬること。

これに限りますね。

また、よく言われていることが、乾燥している状態なので洗顔はできるだけ控えようということです。

しかしこれもまた間違った情報なのですよ。
どこが間違ってるのかというと洗顔をやっぱりしなければいけません。

毛穴にごみなどが詰まっていると、余計に悪化することは誰の目にも明らかですもの。
しっかりと汚れを取ってそのあと、更地になったような状態の肌をしっかりとクリームを塗って保護をする。

これさえ習慣づければ絶対に言いぐらいにきびができなくなるのですよ。

当たり前のことを当たり前のようにする。これをまず習慣つけていきましょうね。

そういう意味ではあごにきびは自分で何とでもできますよと言えますよ。

一般的な皮脂分泌の異常状態で、過敏に反応したようなニキビよりもずっとケアしやすいということがいえますね。

 

隠すのは意外とダメなんです。

そうそう、今回は絶対にかかなくてはいけないなと思ったことがあるのです。

それは何かといますと、前回も書いたのですが

乾燥状態をなくして、できるだけ肌を落ち着かせるということでした。

が、乾燥状態にしないためによくマスクをつけたりマフラーをつけたりするのですが、

それはあまり良くないということがわかりました。

あったかくするのと乾燥状態にしないというのとは違うということなのです。

女性の方ってよく口元までマフラーをしたり、鼻や口を覆い隠してしまうようなマスクをして冬場をしのいでる方を多く見かけます。

でもそれってアゴニキビのある人にとっては、あまり良くない環境なんです。

が、あまり人にみられたくないという意味でやっている方も多いと思います。

しかしそれがかえって悪循環になっているという事、意外と気づかないもんなんですよね。

ニキビができているから見られたくない。

だからマスクをしている。

それが悪いと言う事に気が付くのに時間が掛かるという悪循環になってしまうのです。

この前から言っているように乾燥状態をなくすためには保湿成分を含んだクリームなどをしっかりとることが大切です。

それすらも乾燥するならば、クリームを何度も一日にぬるという方法でクリアした方がいいと思います。

マスクなどをすると、風などの刺激を受けなくていいのではないかとおもいますがそうではありません。

やはり保湿成分を含んだクリームを塗ることが1番最適なんですよ。

乾燥状態をなくして肌に落ち着きを取り戻す

乾燥状態が続けば、もちろんそれは良くないこと。

そこに外部からの刺激を受けると、肌は過剰反応して余計に荒れた状態になります。

つまり乾燥肌の人はニキビがよくできるというのは、

皮脂の分泌状態として異常になるということなのです。

乾燥だから「乾燥」というわけではないのです。

乾燥しているからこそ余計に肌が異常に活発化し、それによって皮脂が大量に分泌されるということ。

つまり悪循環が悪循環を生み出すということなんですよね。

ですから、保湿ケアをしっかりとしてあげると、肌は落ち着きを取り戻し、いつもと同じ皮脂の分泌量になるわけです。

そこに肌を気づかせてあげればいいわけですから。

取り立てて目くじらを立てて何かしら対策を立てなければならないというわけではないことに気づきます。
性格上、一生懸命なければならない方や几帳面な方にとってはなかなか難しいかもしれません。

しかし、肌はとりあえずいためなければ良いというような軽い発想の方がいいのかもしれませんね。

ニキビは確かにできるとうっとうしいです。

特にあごは目立つものですから。

だからこそ丁寧に慎重にそしてのんびりと構えた方がいいのかもしれません。

まずは性質を知ることから始めましょう。

それでやっぱり一番ですよね。

肌にとって一番良いことは何かというか。

いつもと同じ状態にすること。

これに尽きると思います。

毎日のケアをすること。

自然に出来ることですね。

そこからが始まりなのです。で、続けることです。

私にあった方法で

やっぱり普段からの取り組みがすごく大事だなと。

最近そう思っています。

なぜ顎ニキビができるのか。

それは乾燥状態であるということ。

ということは・・・乾燥させなければ良い。という単純発想。
家にいる間、特に冬の間は乾燥しがちですので、なるべく湿度を保てるように加湿器を購入。

これで大丈夫と思いきや、外に出ればやっぱり乾燥状態なので、単に潤ってるだけではだめだということもわかってきました。

つまり、家に中にいる時も外にいる時も、湿気がある状態にしなければいけないという事。

そこで私はマスクをしたのですが、マスクだけではだめなようです。
加湿器でもだめ。マスクでもだめ。

ではどういう状態を保てばいいかといえば、やっぱり保湿成分を含むようなものをつかなければいけないということですよね。
保湿成分を含むものだったら何でも良いというわけではなさそう。

たっぷりと水分を含んだものならなんでも良いのではないかと思うのですが、

それは逆に毛穴が詰まってよくなさそう。

かといってサラサラのようなものを使えば保湿成分として維持できるのかという問題点も。

どれもいろいろな商品には一長一短があるみたいだから、

使ってみてどれが一番自分に合うのかを検討しなければいけないようですね。
それぞれの人の肌には性質があるので、自分に一番良いものを使うべきなのではないかと思っています。

私の場合は乾燥状態がひどいので、できるだけ保湿成分をたっぷりと含んだものを使うようにしています。

毛穴に詰まる問題もしっかりと洗顔すればいいかなと思っています。

面白い事が分かりました。

いろいろ調べてみると面白いことがわかってきました。

あごにニキビができるのはそれなりに原因があるのですね。

私は確かに高校生ぐらいの時には鼻あたりに、にきびがよくできていました。

これは確かに洗顔をしっかりしたり、ニキビケア商品を使うときちんと治っていました。

しかし大人になってからあごにニキビができるようになってから今までのやり方では、ニキビが治らず、むしろ余計に広がっているような感じがしました。

なにかがおかしい。

素人ながらにもよくわかります。

どうやらを間違っているということが年齢を重ねてきたからこそ感じることなのか。

そもそも私の体質が変わったのか。

その点も調べていかなければなりませんが、一つわかったことはあごにできるニキビを、フェイスラインにできるニキビという形で、今ではインターネットなどでよく出ていますね。

話題となっているのでしょう。

結構私以外にもここにニキビができる人も少なくないのかもね。

じゃあ何でここにできるのか、

そればかりが気になります。

よくよく調べてみると面白いことがわかってきました。

あごはなんと毛穴がとても少ないということ。

そしてとても小さいということ。

だからこそここに刺激を与えると敏感に反応して、悪影響をおよぼし、結果的にはニキビに。

刺激を与えないようにする。つまり洗顔フォームを使ってごしごしと洗うというのが、

1番もしかしたらここではだめなのかもしれません。

適材適所にニキビケア商品を使うことがとても大切なのです。

憎らしいのがアゴニキビ

どうして私はこんなにニキビができるの?

本当に他の女の子を見るとうらやましいなと思います。

だって私だけどうして??。

20代の女性といえば一番綺麗な頃でしょ?

それなのにもかかわらずにきび顔なんてとてもじゃないけども。

神様を恨んでしまうわ。

どれだけニキビケア商品をいままで扱ってきたことか。

そのお金を返して欲しいわ!

というよりも、なおしてくれるなら今までの苦労なんて、

すべて忘れてあげるから、とりあえず治して。

というよりも、なぜいつも冬ばかりできるのかしら。

こればかりが気になってしまいます。

最近ではネットでいろいろ調べることができるので、

大抵のことはわかるのですが、

いろいろな化粧品を使っても治らないのが本当にいやになります。

私だけ特別なニキビをこしらえているのかもしれません。

皮膚科にきいても当たり障りのないような返事ばかり。

治らないなら治らないとはっきりして欲しいわ!!

だされた薬もいまいち結果的には芳しくないものばかり。

あごにニキビできるし、けっこうニキビができる。

これだけはよく分かってるのだけどね。

だから私はこのにきびのようなおすすめのケア方法について、これからもっと研究して行こうかなと思っています。

研究と言ったら大げさなんだけど、女の子としてできる範囲なんてたかが知れてるものね。

だからこそしっかりと調べて、私と同じ悩みを持っている女の子に、少しでもアドバイスできたらと思っています。

一緒に頑張ってくれる人がいたなら応援よろしくお願いします。