乾燥状態をなくして肌に落ち着きを取り戻す

乾燥状態が続けば、もちろんそれは良くないこと。

そこに外部からの刺激を受けると、肌は過剰反応して余計に荒れた状態になります。

つまり乾燥肌の人はニキビがよくできるというのは、

皮脂の分泌状態として異常になるということなのです。

乾燥だから「乾燥」というわけではないのです。

乾燥しているからこそ余計に肌が異常に活発化し、それによって皮脂が大量に分泌されるということ。

つまり悪循環が悪循環を生み出すということなんですよね。

ですから、保湿ケアをしっかりとしてあげると、肌は落ち着きを取り戻し、いつもと同じ皮脂の分泌量になるわけです。

そこに肌を気づかせてあげればいいわけですから。

取り立てて目くじらを立てて何かしら対策を立てなければならないというわけではないことに気づきます。
性格上、一生懸命なければならない方や几帳面な方にとってはなかなか難しいかもしれません。

しかし、肌はとりあえずいためなければ良いというような軽い発想の方がいいのかもしれませんね。

ニキビは確かにできるとうっとうしいです。

特にあごは目立つものですから。

だからこそ丁寧に慎重にそしてのんびりと構えた方がいいのかもしれません。

まずは性質を知ることから始めましょう。

それでやっぱり一番ですよね。

肌にとって一番良いことは何かというか。

いつもと同じ状態にすること。

これに尽きると思います。

毎日のケアをすること。

自然に出来ることですね。

そこからが始まりなのです。で、続けることです。