まとめるのがほんとへただわ。

私ってつくづく思うのだけど、

本当にこういうのをまとめるのが下手だなと思います。

自分のを欠いているのを見てみると、なんでこうなるかななんて、突っ込んでいるぐらいですから。

「そういわないで、まとめてやつをここに出してみてよ」
と言われたら、絶対にだせないと思います.
たとえば、部屋を綺麗に片付けた場合でも、
いつも綺麗に片付けている方が見たら、
ただ単にすみっこにおしただけだろと言われると思うのですが、
私の場合も同じだと思うので
単にもとめた、これでどうですかと書いてみたという感じになっているようなきがします.
なさけない話です.
ケア方法がある、結構いろいろ教えてもらった、うまくまとめられないというのは本当に情けないです.

例えば、ある漢方薬を使えば、効果がある.だから使ってください.みたいな書き方なんです.
これではだめですよね.
なぜその漢方薬がいいのかということがしっかり書かなければなので

今言ってるのはなんだ!といわれるのが怖いです。

ニキビケア方法については情報がある程度まとまってきたかな。

ニキビケア方法については情報がある程度まとまってきたかな。

温める方法。

患部を冷やさない方法。

ある商品を使うという方法。

その地域でそだてられた草花を

すりつぶしてぬってしまうという方法。
最新のエステなどの治療に用いられているようなやり方。
中国の漢方薬を使うことによって、

なおすというやり方など、

いろいろな方法をおしえてもらいました.
もちろんそこには、にきびが出来ていたという写真と

ニキビが綺麗に治っていた写真が一緒に同封させていたので

本当に効果があるとわかりましたが、
私が早速、試してみたいという形で

やるのではなく、

あくまでこれはその人の体質によって違ってくるはずですので、

やみくもにやるわけにはいきません。

これが絶対におすすめだという事も

人に勧める訳にいかないので、

なかなか難しいところだと思いましたが、

こういう治療があるということは

それだけいろいろな方法でやらなければ治らないんだと思いました.

しかしどこかしらで必ず治るんだという希望もわいてきたんです。

だから諦めないでどんどんとケア方法を考えてなければならないなと思いました.

あくまでもまとめなければいけないことは

このニキビケアの方法についてかいているので、まとめていくということだと思っています.

うまくまとまればいいんですけどね。

 

究極の方法

最近私が特に感じることなんですけど、

今の人達って夏や冬ともに弱いと思いませんか.

にきびのはなしじゃないの?

と言われるかもしれませんが、すこしだけお付き合いください.

というのはなぜかといいますと、

今はものすごい暑かったりものすごく寒かったりしますよね.

しかし、ものすごくあつければ、

それだけクーラーの効いた場所が多いと思いませんか?

逆に

ものすごく寒かったときというのは、

暖房がすごく効いていると思います。

そうなんですよね、

今の人達というのも暑くても寒くても、

結果的には快適な温度の中で生活していることが多いと思うのです.

ということはニキビの話に戻りますと

冬のニキビというのはやっぱり乾燥肌になったり、

その部分に刺激を与えられることによって、

刺激が起こりあごニキビになるわけですが、

そう言って快適な環境のもとで育ってるひとたちは

あごにきびすらも少なくなって来ですので、
となってくるとケアの究極の方法としては、

快適な温度をずっと維持し続けることだと思いませんか.

なんか最近そんな気がしてきたんです.

それは現実的にはなかなか厳しいんですけど、

やっぱり暖かくしていると顎ニキビができにくくなっているということは

何となくですがを買ってきたような気がします.

祖母が言っていたアレ。

私自身が顔にニキビができるようになって

初めて思い出したことがあります.
今まで何度も頭の中では思い出したのですが、

やっぱり自分が同じ立場になってみて

初めてわかるもんなんですよね.
実はおばあちゃんがよく言っていたことなかったです。
あごにニキビができたときの直す方法です。
でもこれは私のおばあちゃんが住んでいた村でやっていたことなので、

これが正しいかどうかわかりません。
綺麗な水で、

寒いの外で、

しっかりと顔を洗うこと。

しかもこれは、石鹸をつけなくてもいいということでした。

そして、暖かい部屋で、

やわらかいタオルで、

ゆっくりとその水分をふき取ると良いとのことでした。

なんでこれがいいのか。

なぜ実行しなければならなかったのかということについては、

おばちゃんに聞くことはできませんでしたが、

今となってはこれを試してみたら、

もしかしたら顔のニキビがなくなっているかもしれません。

いいケア方法だったんだなぁと今となって思い浮かびます。

もっとおばあちゃんの話をきちんと聞いておけばよかった.やっぱり後悔先に立たずですよね.仕方がないですけれども、あの時話した言葉をもう一度思い出しながら頑張っていきたいと思います.

本来持つ水分までも

前回の続きとして書いていきたいのですが、水分をつけるとなぜだか知らないのですが

余計に乾燥が進んだような気がします.

お風呂上りに水分をそのまんまっていうか、濡れたままにしておくと、

余計に風邪をひいてしまうということはないですか.

寒くなってしまうということ、ありますよね.

おそらく体についている水分が蒸発するときというのは、

体の中に含んでいる熱を取り去るのと同時に、

体の中に含まれる水分も余分に蒸発させてしまうのではないかなと思うのです.

科学的にとかは物理学的にとかその辺はよくわからないのですが、

自分の体で身をもって経験するとよくわかります。

だって肌のニキビが余計に敏感になるのですから。

ようは水分がなくなるということは、

それだけ乾燥が進むということです.

そうなるとその部分が風邪などに当たると、

とてもそこが刺激を受けることになるので、

またまた炎症を起こしてしまいます.

ニキビができているところにさらにニキビができる。

ニキビ跡のところに重なってまたニキビができる。

そうなると、余計に汚らしくなってしまうんですよね.

ニキビケアを乗れば乗るほど余計に悪くなってしまうので本当にタチが悪いのです.

こういった経験を持っている人もおそらく多いと思います.

だからこそ、肌の本来持っている水分を守ることが、大切なんだと。

だから保湿成分を含んだものをつかなければいけないんだということがわかりました.

自分で経験しないとわからないこと本当多いですね.

水分が全てではない?

保湿成分が肌に良いということがわかったので、

それをしっかりと使おうと思い、

私はたっぷりと水分含んだものということで、

いろいろチャレンジしてみました.

昔流行ったキュウリパック。

あれがいいのかどうか、やってみたのです.

しかし、水分を含んでいるからといっていいいてもんじゃないんですよね.

当たり前なのですが、水分以外にも含んでるものがあるので、どうしても痒みが出てくるんです.

そうなると結果的には余計にニキビを悪化させるのではないかと

思ったからすぐにやめました.

格好悪い話なんですけど。
次にいろいろ民間療法ではないのですが、

ネットなどで書いてる方法を試し見ましたが、

やはり自分の肌にはあいませんでした.

すべてやってみたことを記載してみてもいいのですが、それどころではありませんでした.

余計に肌が悪くなったので、

書くと思い出してしまうのでやめました。

野菜のほかに、果物や人気商品である化粧水なども使ってみたのですが、

どれもこれもあまり結果的には芳しくありませんでした.

保湿成分を含んでるものはいいのですが、

ただ単純に水分を含んでいて、それをつけているだけでは効果がないということもありました.

おそらく水分自体が蒸発したときに肌に含まれている水分も一緒に蒸発してしまうのではないかと思ったからです.

このことについてはまた次のときにもう1回話をしたいと思います.それぐらい長い話になってしまうのです。

申し訳ないです。

やってみた方法では

やっぱり冬になると私は苦手です.

寒いからではなく、ニキビができるからです.

前から何度も書いていますが、

このニキビは本当に厄介で辛いです.

夏にニキビができるならわかるんです。

だって、新陳代謝が激しいんですもの。

でも、ニキビができるというのは本当に辛いです.

だってマフラーで巻いたりすると、そこがあたって痛かったり、また、そうすることによって、

さらにニキビができるように思うからです.

そこで考えたのですが、首元にマフラーではなく、カイロをあててタートルネックを着る。

そしてアゴはしっかりだしてなるべく生地に触れないようにする。

やっているんですが・・・これもあまり効果がありませんでした.

ニキビケアの方法としては失敗ですね.
やっぱり一番よかったのは保湿成分をしっかりとあごの部分に塗るということでした.

これが1番よかったと思います.

マフラーを巻いても巻かなくても保湿成分のおかげで潤っていましたし、

実際それをつけるようになってからは

ニキビができにくくなってなきがします.

しかし、それだけではまだまだ不十分だなって事も同時に感じました.

対策として、やはりニキビをしっかりと治す薬と、

保湿成分をしっかりふくんだものを使わなければいけないと感じたのです.

これやっぱり基本ですね.

どんなことがあってもこのケア方法は崩れることはないのではないかと思います.

いろいろ調べるのもそうですが、自分で試してみないと分かりませんね。

きれいな顔でいたいから。

綺麗にケアをするっていうことは今できているニキビもそうですし、

これからできているニキビに対する対策もしっかりとするという意味では重要なことです。

でも、もう一つ重要なことがあるのですよ。

と本当はもしかしたらみんなはこちらの方が知りたいのかもしれませんね。
以前からできていたにきび、それが治って跡となってのこってしまったというひとのほうが多いですよね。

にきびは確かに治るかもしれません。

でも、綺麗な肌地にしたいならメルラインを使うのが良いのです。

綺麗にするというのはここまで徹底してやらないといけないのです。
たいへん。
だけど、効果はてきめん。
美しい肌になります。

美しい顔になるのではないですけど。

(整形で別嬪さんになるわけではないですよ)。
でも、美しくなるというのは女性にとっては最大の目標です。

ニキビをそしてニキビ跡を綺麗にしたいと思うのは、女性としては当然のこと。

もちろん男性の方も同じことが言えますよね。

綺麗な肌になると気持ちがいい!

それは当然です。

だからこそメルラインを使ってしっかりとケアしましょう。

私が今まで使ってみて一番よかったのはこのメルラインです。

綺麗になった自分の顔を見れば、これからもしっかりと日常生活を規則正しいものにしようと思うし、しっかりとケアをしようと思うものです。

がんばって。そして自分もがんばろう。

せっかくブログもやっているのですからね。

これからだ。さて、今日も対策をしよっかな。

ケア商品も大切だけど。

メルラインについてはもう何も言いません。

だってこの商品ほどすごい商品はないのですから。

前にもいいましたが、使って感動して満足というのは本当に当てはまりますよ。

顎ニキビに対してどんなに対策を立ててもなかなか治らなかったり、

今できているニキビをしっかりと治療して、ニキビ跡まで綺麗に治したいと思うならば、

やっぱりメルラインに頼るしかないのかなと思います。

こればっかりに頼るのはちょっと・・・と思うんですけどね。
それだけ効果があるのだからやっぱり頼っちゃうのです。
その効果のほどは、人それぞれによって違うと思うけど、

やっぱりこの薬の効果は使ってみるとよくわかります。

ニキビケア商品としては最高の商品だといいますよ。

でもやはり何度も言うのですが、日常の生活が一番大切ですよ。
規則正しい生活をきちんとするということ。
暴飲暴食を避けて、睡眠をしっかりととる。

当たり前のことをきちんとすることが大切です。

これは常に自分に言い聞かせてますけどね。
なかなかできそうできないのがこの習慣。

だって働いている者にとってはなかなか難しいですし、

主婦の方でも子供がいるとなかなか実行できないものですよ。
この気持ちをとりあえず持つ事。

これが顎ニキビに対する対策として最高なのです。

洗顔や薬をつけることばかりがすべてではない。

これだけは意識しておいてください。

私の経験からしてこれは絶対と言っていいくらい言えることなのです。

まずは習慣そして薬こんな感じでいいのかもしれませんね。

つかうならこのケア商品を。

さて、今までにケア対策や生活習慣などについていろいろ書きました。

しかしそれでもなおニキビができるということもあるでしょう。

日常生活の見直しにも社会生活の中ではそれはままならないということもあるでしょう。

では、そういった方はもう諦めなければならないのかと言うとそうではありません。対策はあります。
ニキビケア商品も販売されているのですから、それをうまく活用することもひとつの方法です。

こればかりたよるのは良くないので、最初はあまりこれを紹介しなかっただけなのです。

そこで私が紹介したい商品がこの商品「メルライン」です。
この商品はニキビケア専用の商品でして、実際使ってみると本当にいいんだっていうことがわかります。

顎ニキビに少しだけ塗ってください。パッチテスト感覚で構いませんから。

その時使ってみて効果があれば全体的に使ってみましょう。

だんだんとアゴニキビが少なくなってくる。

そして消えて行っていることに気づくでしょう。

すごく良くなっている。

それだけではないのですよ。

顎ニキビがなくなっただけではありません。

実際に触ってみてください。

ほら!でしょう。

だって肌がツルツルになってるじゃないですか。

気持ち良いでしょ。

その感覚を味わえるのが正しくこの商品なのです。

使ってみて感動!やっぱりやってよかったと満足!

それが正しくこの商品なのです。

じゃあ最初からこの商品を教えてよ!!という人もいるかもしれませんが、

あくまで日常の努力を続けてこそ、このケア商品だと思ってくださいね。